お知らせ

年末年始の休診について

2021.11.30

2021年末〜2022年 年始は、下記の期間、休診いたします。
2021年:12月30日、31日 2021年:1月1日、2日、3日

1月4日からは、通常通り診療いたします。

重要:11月20日以降の新型コロナウイルスワクチン接種について

2021.11.04
新型コロナウイルスワクチン接種は、2021年11月20日以降、3回目接種が開始されるまで、毎週土曜日のみの施行となります。
今まで通り、予約が必要です。
新たに満12歳になったお子さんへの接種が主な目的ですが、接種機会を逃した方も予約可能です。

令和3年度のインフルエンザ予防接種:在庫僅少

2021.09.13

令和3年10月1日より、11月30日まで、インフルエンザの予防接種を行いました。

12月に入ってからも、ワクチンの在庫がなくなるまでは、接種を継続いたしますが、ワクチンは全国的に品薄で、今後の入荷が望めず、早い時期での終了となると思われます。
申し訳ありませんが、ご了承のほど、お願いいたします。

*当院では、インフルエンザの予防接種に関しては、予約受付は行っておりません。

【重要】新型コロナウイルス検査を含む、発熱外来の設置について

2020.11.01

11月より、国の基準に準じた、インフルエンザ新型コロナウイルスの抗原検査を行う、発熱外来を設置することとなりました。

完全予約制です。熱や風邪症状で診療を希望される方は、必ず当院に電話(0857-53-2028)をかけてください。電話で指示を受けるまでは、診療所内に入ることはできません。

電話で検査が必要と判断された患者さんは、診察予約順に、ドライブスルー方式で抗原検査を受けた後、自宅にて待機いただきます。当院内でお待ちいただくことは出来ません。

検査時間は、以下の通りです

・月曜から金曜:午前11時から12時、午後4時から5時  ・土曜:昼12時から午後1時

検査判定に時間がかかるため、月曜から金曜の午後5時以降、または、土曜日の午後1時以降は、当日検査の予約・検査はできません。

検査結果は、当日のうちに判明次第、電話連絡いたします。通常の風邪、またはインフルエンザであった場合は、処方も行います。

症状が重く、検査時間まで待てない場合や、ドライブスルーで対応できない場合は、他医療機関の受診をお願いすることがあります。

再診の遠隔、電話診療のお知らせ

2020.04.13

厚生労働省でとりまとめられた「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を踏まえ、感染拡大を防止する観点から、

慢性疾患(高血圧、高脂血症、糖尿病、慢性胃炎など)を有する、定期的な受診と投薬を必要とする患者さんが、希望される場合、電話または医院玄関インターホンでの診療と、当院玄関先での処方せんのお引き渡し、会計を行います。

もちろん、通常通りの対面診療、検査も、十分な感染予防対策のもと、継続しております。

*ご注意*

当院初診の方は、遠隔診療は選択できません。

遠隔診察は、治療継続に必要な最低限のものです。通常の対面診療に代わるものではなく、疾患の変化、悪化が見落とされる恐れがあります。

診察時の症状等により、対面診察、採血検査などが必要となる場合があります。

患者さんの来院が集中している場合は、時間をずらしての来院をお願いすることがあります。

 

 

BCG予防接種の受付時間、ご予約について

2019.12.26

BCG予防接種の受付時間は

毎週火曜、水曜、木曜

午前11時〜正午および、午後3時〜4時です。

できるだけご予約をお願いいたします。予約なしのご来院では、当日接種が出来ない場合がございます。

(現在ワクチン生産が需要に追いついておらず、1度に少しずつしかワクチンが供給されていないためです)

BCG接種時の、同時他種ワクチン接種は、1種類までです。

BCG接種後、皮膚に塗布したBCG液が乾くまで、別室にてお待ちいただきます。時間に余裕を持ってご来院下さい。

 

小児科予防接種の受付時間について

2019.12.26

小児科予防接種(BCGを除く)の受付時間は

月〜金曜 午前11時〜午後0時15分 午後3時〜午後5時30分

土曜 午前11時〜午後1時30分

です。

月〜金曜の午後5時以降、土曜日午後1時以降は混み合いますので、それまでにご来院されることをお勧めします。

時間について、ご都合の合わない方は、お電話にてご相談下さい。

BCG予防接種については、別項目で掲示しておりますのでご確認下さい。

鳥取県の肝疾患専門医療機関に認定されました

2018.01.04

このたび、当院は鳥取県肝疾患専門医療機関に認定されました。

肝疾患専門医療機関とは、「肝炎の専門的知識を有する医師(日本肝臓学会の専門医)による治療が可能で、肝がんの高危険群の同定と早期診断が適切に実施できる機関」と、定義されております。

B型、C型肝炎の内服治療、自己免疫性肝炎、脂肪肝炎の精査治療などで、肝疾患の患者さんのお力になれれば、と思っております。どうぞお気軽にお尋ね下さい。

乳児のB型肝炎予防接種定期化について

2016.07.28

平成28年4月1日以降に産まれた方は、B型肝炎の予防接種が定期予防接種となります。

10月より実際の接種が始まります。

詳しくは、お問い合せ下さい。

 

カテゴリ

月別アーカイブ